プロフィール

うさぎの絵本箱

Author:うさぎの絵本箱
お気に入りの本(絵本)とハンドメイドの品々を 想いと共に綴っています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はらぺこあおむし

09 21, 2009 | 3~4歳

0 Comments
子供たちも年齢が上になるほど 帰宅時間がだんだん遅い。
凶悪な事件があってからは 
毎日、父兄のお迎え当番が実施され
集団下校している小学生は 3時頃には帰宅するけれど、
部活がある中学生は7時近くにクタクタになって帰ってくる。
高校生においては 
放課後に特別講習などというものがあるらしく
家に着くのが8時だったりする。
「ただいま?!」 
その次にくる言葉は どの子も同じ。
『おなかすいたぁ!』
まるで合言葉のようだ。

そんな はらぺこたちの空腹をチョット満たすポテトチップス。
キッチンのカウンターの上に乗って
料理が出来上がるのを見るのが好き!という(ちょっと行儀の悪い)娘が
「ポテトチップスって そんなに簡単に出来るものなの?」と驚いていた。
油の処理が面倒だから なかなか作らないけれど 
ポテトチップスって、本当は 簡単?! 簡単に出来ちゃうのよネ。
薄くスライスして油で揚げるだけだもの。
冷蔵庫に残ってしまったレンコンもスライスしてチップスに。
煮物の中のレンコンは食べないけれど 
チップスにすると あっというまに無くなっなってしまう。
b-poteto



「はらぺこ?♪」で思い出しちゃうのは・・・          
      私も子供たちも大好きだった絵本!
「はらぺこあおむし」
エリック・カールさんの本は 色彩的にも内容的にも 
心をとらえて離さない魅力がある

はらぺこあおむしはらぺこあおむし
(1989/02)
エリック=カール

商品詳細を見る

エリック・カールさんの『はらぺこあおむし』(偕成社)

卵から孵った‘あおむし’が 
次々といろいろなものを食べて大きくなり
やがてさなぎになって蝶になるという成長過程をわかりやすく表現したお話。
まじめな内容なのに多彩な色使いは 心がワクワク。
次々に増えていく食べ物は 
あおむしが食べた後とわかるように絵に穴があいているのが 何とも楽しい!
果物や葉だけでなく アイスクリームやチョコレート、
ペロペロキャンディーなども食べてしまうあおむしに
「あんなに食べたらお腹痛くなるに決まっているヨ?」という
子供たちの声が聞こえてきそうな楽しい本だ。


 

1-harapeko.gif 
 縦25cm×横45cm×厚2cm 
蝶々の型合わせパズル 2?3歳対象
同じ形に はめ込んだり
食べ物の穴に棒を通して遊んだり…。
もちろん!おままごとにも使えちゃう!
壁に飾っても遊べる檜のパズルを作りました♪
口に入れても大丈夫な植物系のオイルとワックスで仕上げているので
肌触り良く 使い込むほど 艶が出てきます

1-aomushi.jpg 

ちょっと キモいって??
「あおむし」の画鋲・・可愛いと思うのだけど(笑)


応援のポチっ!頂けたら嬉しいです(=^・^=)



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。